マイルライフ ~ポイント→マイル→?~

ANAマイル、ポイントを効率よく貯める方法を紹介する陸マイラーブログ。ANAマイルを使う生活、マイルライフについて書いていきます。

“Pex”と“Gポイント”は、ポイント交換に必要なサイト

更新:2017年6月9日

陸マイラーが稼いだポイントをANAマイルに変換するためにはポイント交換サイトを経由する必要があります。

とにかく必須なのは「ドットマネー」。陸マイラー御用達のポイントサイトは大体ここを経由して、メトロポイントにポイントを移行できます。(こちらで少し言及しています)

しかし、「モバトク」のようにメトロポイントと繋がっていないポイントサイトもあります。

そこで「ドットマネー」と同様に、ポイントをメトロポイントに移行するために登録しておくべきサイトをご紹介します。

 

 

①Pex

pex.jp

「Pex」は古くから陸マイラーに活用されているサイトです。「ドットマネー」以前はこちらが陸マイラーがポイントを移行する際に利用するサイトのファーストチョイスでした。
それだけに対応する「モバトク」をはじめ、ポイントサイトの数はとても多いです。

交換先をカテゴリから探す | ポイント交換のPeX

milelife.hateblo.jp

 

※2017年4月13日追記

2017年4月3日より、PexでもANA VISAカードのボーナスポイントの変換が可能となりました。
ボーナスポイントの交換レートが1ポイント4.5マイルとなります。Gポイントは1ポイントあたり4.23マイルだったので、こちらの方が条件がよくなります。

なので、ANA VISAカードのボーナスポイントの変換はPex一択になりそうですね。

 


ただし、こちらのサイトはメトロポイントに移行する際、500Pexポイント(50円相当)を手数料として取られてしまいます。

会員登録は下のリンクからどうぞ。

pex.jp


②Gポイント

www.gpoint.co.jp


こちらはポイントサイトのポイントを移行するために利用するわけではありません。ANAカードの「マイ・ペイすリボ」の利用で貯まったボーナスポイントを高レートでANAマイルに変換するために利用します。

ANAカードの会員専用サイト「Vpass」にてボーナスポイントをANAマイルに変換すると、1ポイントあたり3マイルとなります。
しかし、Gポイントからメトロポイントを経由してANAマイルに移行すると、1ポイントあたり4マイルになるのです。

なので、ANAカードで得られるボーナスポイントは必ず「Gポイント」を経由してANAマイルに変換しましょう。

 

なお、このサイトを経由する場合も手数料を取られてしまいます。
ボーナスポイント→Gポイント:1%
②Gポイント→メトロポイント:5%

 

2017年6月9日追記

2017年6月1日から、①の手数料がなくなりました。ワールドプレゼントのポイントからGポイントへの交換が等価になったのです
今までは200ポイントが990Gでの交換でしたが、6月1日以降は、200ポイントが1,000Gとなります。

また、②の方の手数料は取り戻すことができます
メトロポイントへ交換する前月から4ヶ月後末日までに「Gポイント」内の広告案件に申し込めばいいのです。
具体的には、「Gポイント」経由でのショッピングやクレジットカードなどです。ただクリックするだけでポイントがもらえる案件などは対象外です。

 

新規登録は下記のバナーからどうぞ。

Gポイント

こちらから登録した場合、50ポイントをもらえます。ただし、紹介者として僕にもポイントが付与されるので、抵抗がある方はこちらからどうぞ。

まとめ

「Pex」と「Gポイント」、そして「ドットマネー」は陸マイラー活動には欠かせないサイトなので、ぜひ漏れなく登録しておいてください。

なお、「Pex」と「Gポイント」は「ドットマネー」とは違って、魅力的なポイント案件はほとんどありません…。なので、これらはポイント交換のためだけに活用すると割り切ってください。

 

関連記事

milelife.hateblo.jp

milelife.hateblo.jp

milelife.hateblo.jp

milelife.hateblo.jp