読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイルライフ ~ポイント→マイル→?~

マイル、ポイントを効率よく貯める方法を紹介する陸マイラーブログ。マイルを使う生活、マイルライフについて書いていきます。

陸マイラーにもっとも必要なもの、ソラチカカード

陸マイラー活動にてANAマイルを貯める場合、欠かせないものがあります。というか、陸マイラーデビューを決めたら、真っ先に手に入れるべきものです。

ソラチカカードです。

f:id:tktakr:20170210233809j:plain


正規名称は「ANA To Me CARD PASMO JCB」。東京メトロが発行するメトロカードの一枚です。

このカードが必要な理由はただひとつ。ポイントサイトで得たポイントを最も目減りさせずにANAマイルに変換するためです。

ポイントサイトで得たポイントを、このソラチカカードにて「メトロポイント」に変換してからANAマイルに変換した場合、10%の目減りで済むのです。

 

つまり「100ポイント=90ANAマイル」となります。

 

f:id:tktakr:20170210234904g:plain

Tポイントや楽天ポイントなど、他のルートは大体50~60%に目減りしてしまいます。しかし、ソラチカカードは上記のとおり。要するに目減り90%という圧倒的な好条件でポイントをANAマイルに変換できる高効率なクレジットカードなのです。

陸マイラーにとって無敵のクレジットカードですよね。このカードで決済をすれば、さらに効率的にANAマイルを貯められそうですよね。

 

しかし、このソラチカカードで決済をしてはいけません

 

ソラチカカードで貯められるポイントは、決済で付与される「JCB OkiDokiポイント」と、PASMOとして東京メトロに乗ると得られる「メトロポイント」の2種類。

決済で貯めた「JCB OkiDokiポイント」を1%の還元率でANAマイルに変換するために5,000円の手数料が発生します。効率が悪すぎます。
また、「メトロポイント」はチリも積もれば何とやらですが、そのためには東京メトロ運賃をソラチカカード決済する必要があります。こちらも効率が悪すぎます。

なので、ソラチカカードはポイントサイトで獲得したポイントをANAマイルに変換するためだけに所有しておくのです。

ちなみに年会費は2,000円(初年度無料)。しかし、その変換率の高さと、毎年更新時に1,000マイルをもらえるので、まったく損ではありません。というか、ソラチカカードを発行しないとANAマイルを貯める陸マイラー活動していくことは不可能です。
(どの先輩陸マイラーのブログを読んでも同じ見解です。人間は呼吸をするものというくらい常識的なことです)

 

なお、ソラチカカードが無いと陸マイラー活動をスタートできないので、真っ先に申し込むのは当然として、審査でNGになって発行できなくならないように、審査OKになるまで、他のクレジットカードを申し込んではいけません。これだけは気をつけてくださいね。

 

 

なお、ソラチカカードについての詳細は先輩方のブログをどうぞ。僕もこれらを熟読して、ソラチカカードの重要性を理解しました。

 

 

関連記事

milelife.hateblo.jp

広告を非表示にする